互光商事株式会社の防災用品のページ
互光商事株式会社
〒028-3621
岩手県紫波郡矢巾町
広宮沢11-501-14
TEL..019-639-0505
FAX.019-639-0808
 住宅用火災警報器・非常食・保存水・避難器具・防災用具・保護用具・救出用具


住宅用火災警報器の義務化って?

 ◆住宅用火災警報器の義務化とは

住宅火災で亡くなった方の約7割が、火災発生時の逃げ遅れが原因で死亡したというデータが出ています。火災が発生したのが、夜間で、就寝中であったために、逃げ遅れてしまったというというケースも多いのです。
そのため、平成16年度に消防法が改正されました。この改正によって、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられることになりました。

住宅用火災警報器の義務化によって、万が一、住宅火災が起きてしまった場合にも、助かる可能性を高めることになるのです。
 
 ◆設置期限

新築住宅は平成18年6月1日から。既存の住宅は、平成23年5月31日までに設置することになっています。(お住まいの地域によって、期限が異なる場合があります。)
 
 ◆警報器の種類

火災警報器には、大きく分けて「煙式」と「熱式」があります。
「煙式」は煙に反応するタイプで、寝室や階段への設置が義務づけられています。

「熱式」は熱に反応するタイプで、台所への設置が適しています。

日本の技術基準に適合し、日本消防検定協会の鑑定に合格した製品には、鑑定合格マークが付いています。

 
 ◆設置場所

設置場所は、寝室と1階以外に寝室がある場合の階段になります。2階に寝室がある場合は、2階への階段に設置することになります。
また、台所への設置は義務付けられていませんが、火災が発生しやすい場所として、熱式タイプの設置をおすすめします。

【取り付け例】
 ◆設置位置

天井に設置する場合は、壁または梁から0.6m以上離れた位置に取り付けます。


壁に設置する場合は、天井から0.15m以上0.5m以内の位置に取り付けます。


エアコンや換気口等がある場合は、吹き出し口から1.5m以上離れた位置に取り付けます。



 ◆設置後の届出

住宅用火災警報器を設置した場合は、消防署・分署・出張所に「住宅用火災警報器等設置届出書」の提出が必要になります。
この書類はこちらからダウンロードできますので、ご利用ください。

Copyright (C) 2002-2004, 互光商事.All rights reserved.